シングルマザー必見!絶対に共感できるおすすめ漫画5選

暮らし

こんにちは!今日も迷走しているのとちゃんです。

たった一人で子育てしているシングルマザー。なかなか周りにはこの大変さが理解してもらえないし、毎日必死に頑張っていますよね。

この大変さが分かるのは同じ経験をしている人だけ!

今回はシングルマザーが登場する漫画で、絶対に共感できるものを5つ選びました。

辛くなったとき、泣きたくなった夜、何かに縋りたくなったときに是非読んでみてください。

SPONSOR

愛すべき娘たち

最もおすすめしたい漫画なので一番最初に紹介します。

母一人、娘一人のシングルマザー家庭を中心とした短編オムニバス漫画です。

「お前は本当にブスなんだから」と母に言われ続けた娘の話。

「常に優しい人間でいなさい」と祖父にさとされ続けた孫娘の話。

「働いてもいいけど家のことはきちんとするんだぞ」なんて言われたくないと語り合う女子学生たちの話。

このような女性なら誰でも受けたことがあるだろう数々の呪いの言葉が出てきて、DVや婚活、男女平等問題と、現代社会での女性の生きにくさがたくさん描かれた作品です。

でも私がこの作品で一番好きだと思っているのは、物語の核となるシングルマザーが娘に対して放ったこのセリフ。

親だって人間だもの、機嫌の悪い時くらいあるわよ!

あんたの周囲が全てあんたに対してフェアでいてくれると思ったら大間違いです!!

これは全ての女性にとって救いの言葉です。

読んだ当時、私は10代でしたので娘側に感情移入していたのですが、本当にその通りだなあと胸がすっとしたのを覚えています。

そして今改めてこのセリフを読むと、今度は母親側の気持ちになって「いつも完璧なお母さんで居なくて良いんだ」と励まされた気持ちになるんです。

共感と共に救い、励まされる素敵な漫画です。是非読んでみてください。

赤ちゃんと僕

主人公は小学生の男の子。働いているお父さんに代わって、まだ赤ちゃんの弟のお世話に奮闘するホームコメディ作品です。

シングルマザーではなくシングルファザー家庭のお話なんですが、とにかく主人公の拓也くんが一生懸命で健気で可愛い。弟の実はまだ赤ちゃんだから何にも出来ないし、わがままで泣き虫。「自分がしっかりしなきゃ」と頑張ってお世話するんですが、まだまだ自分自身だって親に甘えたい盛り、時には弟を放って泣きたくなることもあるし、八つ当たりしてしまうこともある。でもその度に後悔するんです。

だって拓也くんは弟の実くんのことが、本当に大好きで大事なんです。

この作品を読んでいると、シングルマザーとして拓也くんに共感する部分もあるし、自分の子供にもこんな苦労をかけているのかと思ってしまうこともあります。でも兄弟2人、本当に仲良しで幸せそうな姿を見ていると、シングル家庭でも悪くないなって思えるんじゃないでしょうか。

地獄のガールフレンド

バツイチシングルマザーと、セカンドバージンな独身まじめOLと、超モテモテなデザイナーの3人+4歳の男の子1人がシェアハウスで共同生活を行う話です。

タイトルの通り、それぞれのキャラクターにそれぞれの地獄があります。ワンオペ、モラハラ夫に疲れ果てて離婚した加南のセリフが、同じシングルマザーの胸に刺さります。

どこに行っても自分の名前ではなく、お母さんと呼ばれることに対して「たしかに子供は産んだけどお前らまで産んだ覚えはないっつーか」

色々疲れ果てたときに漏れてしまう「お母さん、やめたい」

素敵な男の子に出会ってしまって「お母さんて、彼氏とか作っていいのかな」

いやもう読んでて共感しかない。

女性3人の結論の無いガールズトークもいい感じに地獄ですので、女子会気分を味わいたい人は是非読んでください。

逃げるは恥だが役に立つ

今更説明するまでもないですね。ガッキーと星野源が主演して大ヒットしたドラマの原作です。

主人公の親友がシングルマザーとして登場しますが、この作品で読んで欲しいのはその親友ではありません。とにかく全てをロジカルに考える主人公みくりの葛藤です。

もうね、相手が平匡さんだったから良かったものの、ここまで全ての物事を理屈や合理性で考えてしまっては男性は大抵窮屈になるのではないでしょうか。というか、私の夫がまさにそれです。

「私は間違ったことは言ってないし、妻にばかり家事・育児を押し付けるのは間違っている!」

ついそう思ってしまう女性の心理を上手くキャラクター化していると思います。

家庭内の分担が上手くいかずにシングルマザーになった人は、「夫も平匡さんみたいだったら良かったのに~!」と妄想しつつ、共感してしまうこと間違いないです。

ママはテンパリスト

最後はシングルマザーのエッセイ漫画です。

海月姫やタラレバ娘でおなじみの東村アキコ先生が、一人息子との日常をコミカルに漫画化してくださっています。育児をしたことがある人なら必ず「あるある~!」と爆笑してしまうエピソードがたくさん!

しかしシングルマザーとしての葛藤や心配していることなどもチラホラ出てきて、同じシンママさんならそこも共感して育児漫画、シンママ漫画として2倍楽しめます。

東村先生がたくさんの大ヒット漫画を生み出しているキャリアウーマンで非常にサバサバしている性格ですので、メンタル弱めシンママさんには是非読んで、笑って、心配事を吹き飛ばしてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました